保証制度をよく理解してこれからのローン計画を立てていく

時折「ローン保証」という言葉を耳にされることもあるでしょう。

ローンの利用者と金融機関が融資契約を止血する際において、保証会社などが融資債務を保証することをいいます。

保証会社においては、保証料というものを受け取り、ローン契約者が返済不能となった場合においては保証会社によって債務が肩代わりされます。

保証会社が借り手の信用を補完することによって、金融機関による融資が促進されるというのがその大きな説明となります。

ローン保証は様々なものがあります。

住宅ローン・自動車ローン・カードローンなどがあります。

また、中小企業者向けなどにたいする融資保証制度などもあるのです。

その中の1つに「流動資産担保融資保証制度」というものがあります。

これは、中小企業信用保険法改正によって創設された日本における制度の1つです。

中小企業などが売り掛け先に対して保有している「売り掛け債務」および「棚卸資産」を担保とし、金融機関が融資を行うと行った場合において、その債務を信用保証協会が保証することで中小企業の資金繰りの円滑化などを図ることを目的としています。

信用保証協会とは、信用保証協会法によって設立された公益法人のことです。

中小企業が事業活動から生じた流動資産を担保とし、金融機関から事業資金の借り入れなどを行う場合、金融機関を通して信用保証協会に保証の申し込みを行います。

保証割合は、借り入れ金額の8割となっていますがその限度額は2億円と定められています。

これを「部分保証」といいます。

中小企業が借入金を万が一、返済できないという場合には、信用保証協会が金融機関に貸付残高の8割を弁済すると共に、金融機関や信用保証協会は流動資産から回収を行います。

このように、個人単位から企業単位にわたってまで保証ローンと言う制度は存在しているのです。

中には残念なことに、詐欺的な行為を働くといったものもありますので、しっかりと調べた上で依頼をするのが望ましいかと思います。

各ローン保証を受けるには、審査と言うものがあります。

信用状態や借り入れ状態などにおける調査がありますので、申し込みをすれば誰でも利用できるというわけではありませんのでその点についても認識をしておくとよいでしょう。

保証ローンを組むことで、利点となる部分も沢山ありますから状況により上手に活用をすると良いかと思います。

融資保証などの流れはそれぞれによって若干異なる場合もあります。

人生を豊かにする上手で賢いお金の使い方

お金がいくらあっても、満たされない人がいます。だからといって「お金はなくてもいい」というわけでもありません。今もっているお金を上手に使いこなして、日々を豊かに楽しく生きる。そのためには、どんなお金の使い方があるでしょう?

あなたの「お金」に旅をさせる

実は、世の中に存在するお金の量は決まっています。あなたのところになくても、誰かのところにその分がいっている、ということです。紙幣は“流れ”なので、「あなたの持っている資金をどう使ってどこへ流れさせるか」ということが大切です。

たとえ収入がよくても、余計なことに浪費してしまったり、ローン返済に追われてしまったり、ただ漠然とした不安感のために眠らせておくのではもったいない。上手に使うには、お金を「かわいい子のように旅をさせる」ことです。

目に見える投資と目に見えない投資

お金の使い方には、「ものを買う(資産をつくる)」「金融商品を買う(投資する)」「体験を買う(自己投資)」の3種類があります。

ものを買い、車や土地、家などの資産をつくると、そのための維持費、管理費がかかってきます。また、資産は時間とともに価値がさがっていくので、お金のリターンは望めないでしょう。金融商品を買う「投資」は、うまくいけばお金を増やし、育てることができますが、博打的なところがあり、知識や経験がなければ損をするリスクが高くなり、なんの保証もありません。

注目したいのは、3つめの、体験を買う「自己投資」。自分自身にお金をかけて、自らの収入力をあげるということです。目に見える投資とは違って、そのときは入ってくるものが目に見えませんが、長い目で見ると確かで、自分も充実して楽しめるものです。

消えない財産!自己投資のススメ

自分を磨いて高めることにお金をかける。これには、時間や労力がとてもかかるので、躊躇する人も多いかもしれません。でも、自分が成長でき、視野や人間性が広がる上に、生活が豊かになる。長いスパンで考えると、とてもよい投資法だと思いませんか?

資格を取ったり、学校に通い知識やスキルを身につける。学歴や資格で就職先の役職や給料も変わってきますから、大きな武器になるでしょう。

映画や本、芸術やスポーツなど、よいものに触れて自分の感性や見解を広げる。一見関係ないようにみえますが、日々こうして感覚やインスピレーションを磨くことでいい仕事ができ、素晴らしいアイデアも湧いてきます。あなたのそんな姿勢は、ビジネスチャンスにつながっていくでしょう。

フィットネスなどで体を鍛えたり食事やサプリメントで栄養バランスに気をつかうのも、一種の自己投資です。体が健康になれば医療費はかかりませんし、スタイルがよくなる、活動的になることで自分に自信や余裕が生まれます。

女性なら、エステやマッサージ、おしゃれにお金をかけることも投資です。きれいになることは、女の人に自信を与えて、その人を輝かせます。外見の美しさが、心の豊かさや幸福感にもつながっていきますから、よい出会い、よい仕事に巡り合える可能性がふえます!

ワーキングホリデイや留学、海外青年協力隊への参加、ピースボートで世界一周など、貴重な体験を積むことは、あなたの中のかけがえのない肥しになります。その体験から得るものが、その後の人生を変えていくでしょう。

一見、お金という価値では図りづらい“自己投資”ですが、自分がひとりの人間として成長していくことで、多くの可能性や仕事での活躍の場面が広がっていきます。上手にお金を使うには、目先の欲しいものや利益にとらわれずに、自分の器を広げるチャレンジをしてみては!?